テストステロンのひみつ!

「テストステロン」のひみつ!

男性更年期障害を引き起こす「テストステロン」のひみつ!

 

増大サプリおすすめランキングサイト管理人のコータ

 

今回は、男性にとって非常に重要な男性ホルモン「テストステロン」についての豆知識を少し紹介します♪

 

精力や男性力になくてはならないホルモンですので、その基礎知識を知っておいて損はないと思います。

 

男性の体の変化とテストステロン分泌の関係性から見えてくるテストステロンの重要性を認識することによって、どう健康的に加齢や老化と向き合っていくかヒントが見つかるかもしれません。

 

 

「テストステロン」は一生のなかで3回分泌量が増加する時期がある!

 

テストステロンは、男性の一生の中でもとりわけ大きく分泌が増加する時期が3回あります。

 

最初は胎児の時です。

 

テストステロン分泌ピーク1

 

ヒトは胎児期の始めは男女とも女性型が基本ですが、男児として成長するためにY染色体の働きでテストステロンが分泌されます。

 

このテストステロンの働きで男性としての内外性器が形成されるといわれています。

 

※余談ですが、胎児期に多くのテストステロンを受けた男性は、人差し指と比べて薬指が特に長い方が多いとされています。

 

 

 

次にテストステロンを多く分泌する時期が生後2〜3ヶ月。

 

テストステロン分泌ピーク2

 

この年齢から性格や行動に男女差が生じるのは、このテストステロン分泌の影響といわれています。

 

私も、どうして赤ちゃんは情報も理解力もないのに男女に差がでるのか不思議に思ったことがありました。

 

その答えはDNAがそうさせるものだと片づけてしまっていましたが(笑)、実は男性ホルモン「テストステロン」や女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が影響していたんですね。

 

 

 

そして最後に思春期から20歳代までにピークで分泌が行われる。

 

テストステロン分泌ピーク2

 

思春期になると精巣から大量のテストステロンが分泌され、それまで男児だった男の子にはヒゲが生え始め、体は筋肉質になるなど男性型の体形に変化していきます。

 

異性にも目覚め始め、性欲が高まってくる時期でもあります。

 

 

テストステロンは男性の身体の変化(成長)に非常に深く関わっているんですね!

 

 

 

「テストステロン」は20代をピークに減少し始める!

 

テストステロンは、20歳代をピークを迎えてからは加齢とともに徐々に分泌量が減少します。

 

徐々に分泌量が減少していきますので、筋肉の衰えや性欲低下などの体の変化を感じにくいのも特徴です。

 

ただ、30代、40代、50代になるにつれて老化を感じることが多くなっていくのも、このテストステロン分泌の減少といわれています。

 

 

男性も更年期障害を引き起こす恐れが!

 

男性ホルモンテストステロン減少に悩む男性

 

女性における性ホルモン「エストロゲン」は、急激に分泌量が低下する特徴があり、女性は閉経前後に更年期障害がいきなり襲ってくるケースが多々あります。

 

男性の更年期障害は、テストステロンの減少が徐々に低下する特徴から、女性と比べると穏やかな変化といえます。

 

ときには本人すら自覚しにくいこともあります。

 

 

テストステロン分泌の減少による更年期障害の症状

 

・血管神経症状として

 

「ほてり・のぼせ」

 

・神経症状として

 

「不眠・不安・頭痛・めまい」

 

・運動器症状として

 

「肩こり・筋肉痛」

 

・全身症状として

 

「疲れ・倦怠感」

 

・排尿症状として

 

「頻尿・残尿感」

 

・性機能症状として

 

「性欲低下・ED(勃起不全)」

 

などがあります。

 

 

若い頃に活発だったヒトほど症状が強く出る傾向が!

 

テストステロン減少に悩む男性

 

テストステロンの分泌は年齢とともに低下しますが、誰にでもこの更年期障害が現れるわけではなく、

 

若い頃にテストステロンの分泌が多かったヒトほど症状が強く現れる傾向にある

 

といわれています。

 

いわゆる「男性型」として心身ともに活発であったヒトほど、テストステロン分泌が低下すると、そのギャップの大きさのためにより強く更年期症状に悩まされることになります。

 

若い頃、「疲れ知らずで性欲ギンギン」だった方は、気を付けなければいけませんよ!

 

 

 

テストステロン分泌の減少を食い止めるには!?

 

テストステロン分泌を高める方法として、睡眠・運動・ダイエット・食生活の改善などいろいろな方法があります。

 

詳しくはコチラを参照ください↓↓↓

 

>>【テストステロン】分泌の減少を防ぐ方法!

 

 

いわゆる規則正しい生活習慣にすれば、テストステロン分泌の減少は食い止めることはできるのです。

 

しかし30代・40代・50代と歳を重ねるにつれ、仕事や付き合い・子育てや家族サービスに追われることが多くなり、規則正しい生活とは真逆な生活習慣になっている方が多いのではないでしょうか?

 

疲れや倦怠感、眠れない症状などは加齢による衰えだと考えている方は要注意です!

 

全てテストステロンの減少が引き起こしている可能性がありますので、食い止めなければなりません。

 

 

効率よくテストステロン分泌を高める方法があるのをご存じですか?

 

おすすめ増大サプリランキング男性スタッフ2

 

生活習慣が改善できない方でも、テストステロン分泌を効率よく高めることができる方法が【増大系サプリメント】です。

 

増大系サプリメント(ペニス増大サプリメント)には、血流を高める成分や精力を高める亜鉛やビタミン類が多く配合されており、これら成分がテストステロン分泌を高める作用に働いてくれます。

 

不規則な生活から抜け出せない方でも、増大系サプリメントの飲用で効率よくテストステロン分泌の減少を食い止めることが可能ですよ!

 

ペニス増大サプリというと、ペニスばかりに特化したサプリメントとイメージしてしまいますが、間接的にテストステロンの分泌を促し男性力を高めてくれますので、とくにオススメです♪

 

 

 

おすすめ増大サプリランキングのご案内

 


 

 

 

今注目の増大サプリ8種の特徴をチェック↓↓↓

増大サプリ人気ランキング特集『ヴィトックスα』
ヴィトックスα

増大サプリ人気ランキング特集『ゼファルリン』
ゼファルリン

増大サプリ人気ランキング特集『バリテイン』
バリテイン

増大サプリ人気ランキング特集『シトルリンXL』
シトルリンXL

増大サプリ人気ランキング特集『マカエンペラー』
マカエンペラー

増大サプリ人気ランキング特集ト『ブレーザーーα』
BLAZAR-α

増大サプリ人気ランキング特集『シトルリンDX』
シトルリンDX

増大サプリ人気ランキング特集『極GOLD』
極GOLD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【更年期障害を引起こすテストステロンの秘密】トップに戻る

page top